夢をかなえる!FX~あなたと私が勝つために必要なこと~

“投資はあくまでも夢をかなえる手段” 勝つために必要なことを考えていきます!!!
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここをポチッと押してくれると、励みになります(^^)!

⇒押していただけると『人気blogランキング』の順位が上昇します!

こんばんわ!


G7の週明け、どう動くでしょうか?私には分かりません・・・。

予想をしても始まりませんしね~(^^)。

コメントいただいた、kaoさん、アンソレンスさん、ゆうみさん、ありがとう!
(名前特出ししてすみません(_ _)。)

考えるきっかけを与えていただきましたので、感謝です(^^)!

・・・・・

ユーロ円はロスカットにかかりました。

今後の課題としては、トレンドが変わった、と認識(できれば?かな(^^;)?)すれば、ストップ位置をすばやく変更すること、でしょうか。

一度ロスカット手前までいった場合には、仮に値を戻したとしても、“手仕舞い計画の変更”を考えるべきかもしれません。

“(損を出しているのに)わずかでも転換(ここでは、好転と言った方が分かりやすいかも)すると、ポジションを保有し続ける。残念ながら、これは一歩進んで、二歩下がりながら資金が減っていく典型的な例である”とJ・バーンスタインは語っています。

・・・・・

ポジションを持ちたがる、というのは、正直、“危険”ですよー(^^;)。
その背景には、“負けを取り戻す”ということが少なからずあったりします。
取り戻さないといけないと感じてしまう“負け”と、必要経費=コストとしての“負け”とは性格が全くことなると思います。

それがどのように違うのかを、以下のように考えて見ました。

1万通加単位で、20万円を失うためには、例えば、円がらみで連続1円のロスを20回連続ないし、20回負けないといけません。

コイン・トスで考えれば、20回連続、表を出すつもりで、裏を出すことはなかなか難しいですよね。

ただ、その20回の負けを資金管理との関係で考えてみるとどうでしょう?

ご自分の手持ち資金を当てはめてみると・・・。

まぁ、投資の場合には、利益目標値とロスカット値なども関係しますから、一概に同じとは言えませんが、先の“負け”は、資金管理との関係での“負け”なのか、行き当たりばったりの“負け”なのか、ということを考えてみると、違いが見つかるかもしれませんね(^^)!

・・・・・

最後に、J・バーンスタインが述べてました。

“自分のトレードについて他人に話さないこと”

なぜなら、“お互いに混乱をきたすことになるから”と(^^)。

いやー、参りました・・・。

ということで、混乱を招きましたら、ごめんなさーい(^^)!
(混乱から、何かが生まれることもあるでしょうし、ね!)


お役に立ったら、ポチッと押してくださいね(^^)!

『人気blogランキング』目指せ50位以内
スポンサーサイト
ここをポチッと押してくれると、励みになります(^^)!

⇒押していただけると『人気blogランキング』の順位が上昇します!

こんばんわ!

今帰宅デース!

kaoさん、コメント感謝です。

Myルールの9番ですが、おそらくご承知のことと思いますが、

自分自身を含めて整理させてください。

“9.負けることが続いたとしても、ある一定のトレード回数をこなすまで継続します。”

ですが、これは、自分の資金量と、ポジション量と、ロスカット値と、利益目標値のすべてを相互に組み合わせて考えないといけないですね。

それら一つでも欠けた状態で、ポジションを持つことをしてはならない、ということが前提にあると考えています。

ただ、利益目標値とロスカット値では、ロスカット値にあわせる、すなわち、負け続けても退場しないようなロスカット値を念頭に、ポジション量を考慮することが必要だと考えています。

そして、ロスカット値は、当該通貨のボラティリティを考慮しないといけないことは言うまでもありませーん(^^)。

あ、さらにその前提として、裁量売買ですから、勝つという自信がないといけないと考えてます。

そして大切なのは、継続するのは、以上の点↑なんですねぇー。



ポジションを持つ理由=裁量はもちろん、変わりますよー。システムではありませんので。

システムであれば、ある一定のサインがあれば必ずポジションを持たないといけない(はず)のでしょうけれど、裁量ですから、総合的に勘案してポジションを持つことになろうかと思います。

どうでしょう???

・・・・・

現在、ドル円の買いポジを先週金曜から持っています。

まだロスカットに引っかかってませんし、利益目標に届いていないので、持っています。

そして現在、119.50円の壁がありそうです。(0:30現在)

まず、日足で見たときの、122.18円を上限、115.20円を下限としたフィボナッチの61.8のラインが、119.50円にありますので、これが壁となっているのが今の状況だと思います。

で、今日119.50円をヒットして、調整の下押しをしています。

自分自身としては、119.90円くらいまで上がってくれると思っています。そして、そのあたりでいったん調整が入ると思ってます。

5分足で見たMA90日線が下支えしているように思います。

あと、3:00にFOMC議事録の公表(3月20-21日開催分)があり、同時に、米3月財政収支の発表があります。

・・・・


どうでしょう?今からが全く私の裁量ですので、あくまでもご参考までにしてくださいね。

・・・・

そこで私が考えるに、現在のポジが損しない値にストップを入れます。

3:00の指標の結果で上ブレすればそのまま利益がでますし、下落すれば損はせずにエグジットできます。

ただ、下落しても、それは一時的で、再び上昇すると思いますが。

従いまして、ストップにかかれば、また明日にでも、買いエントリーを考えようと思います。

さーて、どうなることやら(^^)。



お役に立ったら、ポチッと押してくださいね(^^)!

『人気blogランキング』目指せ50位以内

ここをポチッと押してくれると、励みになります(^^)!

⇒押していただけると『人気blogランキング』の順位が上昇します!

こんばんわ!


昨日紹介しました、Myルールですが、投資対象通貨を豪ドル円から、ドル円に変更します。

理由は、①豪ドル円とドル円の高値-安値の過去値の平均を調べたところ、差が10銭しかなかったこと、②ドル円の方がスプレッドが小さいこと、③ドル円の方が、私が使っているチャートが加工しやすいこと、です。

それと、9.トレードの継続、を加えました。理由は、継続しなければ、このルールが機能するか否か分からないためです。言い方をかえれば、機能するにもかかわらず、当たりが出るものを、“ハズレが出過ぎる”としてやめてしまうことがないようにです。

ちなみに、先週からの保有ポジはまだ持ってます。

Myルールの発動は、このポジを手仕舞いしてからとなります。
(ただ、このポジに関しても、Myルールの保有から手仕舞いまでのルールは適用します。)

以下、昨日のルールを変更しておきますね。

・・・・・・

そこで、私は投資スタイルとブログのスタイルを変更(若干)します。

テーマは、“リアル”です。

ルールは以下の通りです。

具体的には、

1.20万円を50万円にします。

2.取り扱い通貨は、ドル円です。

3.投資手法は裁量売買です。ただ、裁量の根拠は明確にします。テクニカル、ファンダを根拠とします。

4.チャンスがあるときだけ、エントリーします。ですので、エントリーしない日もあります。

5.利益は、変動差益を第一に、スワップは付いたらいいなぁ、というくらいです。

6.各トレードごとで負けることも当然にある、ということは織り込み済みです。

7.投資期間限度は“無し”です。目標利益達成に数ヶ月かかるかもしれません。しかし、それは問題ではありません。

8.この取引過程により私が得られるであろう、と考えるものは、“勝ちつづけるために必要なこと”です。

9.負けることが続いたとしても、ある一定のトレード回数をこなすまで継続します。

・・・・・・・


エントリーポイントとその根拠をブログで明らかにしていきます。

心構え的なこともたまに書きます。

それと、大事なことは、いくら勝つ、ということではありません。従いまして、ポジションの相乗りはご遠慮ください。

もしも、私が50万円まで増やすことができれば、その過程には多くの“宝”が含まれている“かも”しれません。

それをご自身で消化していただければ、一番うれしいです(^^)。


・・・・・


では、ご期待下さい!


お役に立ったら、ポチッと押してくださいね(^^)!

『人気blogランキング』目指せ50位以内


ここをポチッと押してくれると、励みになります(^^)!

⇒押していただけると『人気blogランキング』の順位が上昇します!

こんばんわ!

新年度となって一週間が過ぎました。

新しい環境となった方もいれば、年度末の忙しさに解放された方もいらっしゃるのではないでしょうか?

区切りをつけるときがある、というのもいいかもしれませんね!

・・・・・・

そこで、私は投資スタイルとブログのスタイルを変更(若干)します。

テーマは、“リアル”です。

ルールは以下の通りです。

具体的には、

1.20万円を50万円にします。

2.取り扱い通貨は、豪ドル円です。

3.投資手法は裁量売買です。ただ、裁量の根拠は明確にします。テクニカル、ファンダを根拠とします。

4.チャンスがあるときだけ、エントリーします。ですので、エントリーしない日もあります。

5.利益は、変動差益を第一に、スワップは付いたらいいなぁ、というくらいです。

6.各トレードごとで負けることも当然にある、ということは織り込み済みです。

7.投資期間限度は“無し”です。目標利益達成に数ヶ月かかるかもしれません。しかし、それは問題ではありません。

8.この取引過程により私が得られるであろう、と考えるものは、“勝ちつづけるために必要なこと”です。

・・・・・・・

大体こんな感じです。

エントリーポイントとその根拠をブログで明らかにしていきます。

あ、心構え的なこともたまに書きます。

それと、大事なことは、いくら勝つ、ということではありません。従いまして、ポジションの相乗りはご遠慮ください。

もしも、私が50万円まで増やすことができれば、その過程には多くの“宝”が含まれている“かも”しれません。

それをご自身で消化していただければ、一番うれしいです(^^)。

まだ、現時点ではどのタイミングでエントリーを行なうかは検証していませんので、未定です。

それがはっきりすれば、またブログで紹介しますね!

・・・・・

ちなみに、昨日のドル円はまだ持ってます。とりあえず、これはもっておきます。

もちろん、ロスがでないように管理はしますね。

・・・・・

では、ご期待下さい!


お役に立ったら、ポチッと押してくださいね(^^)!

『人気blogランキング』目指せ50位以内


ここをポチッと押してくれると、励みになります(^^)!

⇒押していただけると『人気blogランキング』の順位が上昇します!

こんばんわ!

お久しぶりです。

・・・・・・・・

逆指値って、どういう意味でしょうか?皆さん、どういう時に使われてます???

逆指値の用語の意味を調べてみました。

あるサイトでは、

『逆指値とは、より高い値段になれば買う、より安い値段になれば売る、という注文方法です。一見、不合理にみえますが、為替取引における一般的で重要なリスク管理方法の一つです。予想に反して相場が動く場合に備えて、一定水準以上、相場が反対方向に動いた時にはポジションを決済して損失を限定しようというときに用います。この注文を入れる事で、事前に損失額が限定されるため、リスク管理を行なう上で有効とされるのです。』とあります。

ふむふむ、なるほど・・・。

また、あるサイトでは、

『逆指値があればロスカットもトレンドフォローも自由自在。損失の拡大を防ぎ、勢いに乗って利益を伸ばすような売買を目指すことが可能です。
』と説明されております。

・・・・・・・・・・・・・・・

お、先ほどのサイトの説明との違いにお気付きになりました?

そうなんですよね、トレンドに従うときに使えるんですよね、逆指値って。

で、上の説明でもあるように、逆指値は、『より高い値段になれば買う、より安い値段になれば売る』ってことなんですよね。

これをロスカットという観点からではなく、トレンドフォローという観点から読み直すと、

(もちろん、ロスカットは大切ですよ。これは断言できます!)

『現在、100円の値札がついているものを、110円であれば買う(90円であれば売る)』ってことになりますね(^^)。

八百屋に買い物に行って、『キャベツが100円ってなっているけど、110円なら買うよ』ってことでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

確かに一見不合理ですが、『一見不合理』という"価値判断"は、大勢の人が持っているから、不合理と判断されるのではないでしょうか。

おそらく、110円で買う人は、"売る"ということを念頭においていて(自分で食べる、ってことではなく)、買っているのかもしれません。

100円だと"売り手"と"買い手"の意思が合致しているため、"うまみがない"と考えているのかもしれませんね。

そこで、相場に置き換えてみると、勝ち負けの比率が、1:9といわれていることからすると、一見不合理なことを突き詰めていくことにより・・・

新たな"道"が見つかるかもしれませんね(^^)!

"人の行く裏に道あり、花の山"


お役に立ったら、ポチッと押してくださいね(^^)!

『人気blogランキング』目指せ50位以内


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。