夢をかなえる!FX~あなたと私が勝つために必要なこと~

“投資はあくまでも夢をかなえる手段” 勝つために必要なことを考えていきます!!!
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここをポチッと押してくれると、励みになります(^^)!

⇒押していただけると『人気blogランキング』の順位が上昇します!

こんばんわ!

フィボナッチ、奥が深いですねー。

ちなみに、私が主に使っているチャートをご紹介したいと思います。

使っている方も多いと思いますが、色々と線を引いたり、

カスタマイズできるので、重宝しています。

これでフィボナッチも引き放題!って、あくまでも、自分に都合のいい“形”や“値”を見つけるために引くのではない、ということにご注意くださいませ。

そうしないと、そればフィボナッチが示したものではなく、自分が加工した、自分に都合の良いデータになりますから。

・・・・・・


役に立つのが、かなり細かいデータ(1、5、15、30分、1、4時間、1日、1週間、1ヶ月)が取れますので、自分でエクセルでデータを加工したいときには役に立ちます。

ただ、時間が日本時間ではない点などもありますが、問題ないと思います。あと、主要な通貨しかないのが残念、ってこともないかな(^^)。

あ、もちろん、無料です。

使う態様としては、デモ口座、という扱いになります。ニューズレターを受け取る、にチェックをすればログインIDをもらえます。

※デモ期間が切れても、再度デモ口座申請をすれば、再び使えますので、ご安心を。


『Meta Trader 4 Client Terminal』のダウンロードボタンをポチッと押すと、『Download Meta Trader』というのが真ん中ほどにあるサイトに飛びますので、それを押して保存をすると・・・あとは手続きに従うのみです。

サイトはココから。


ちなみに、いろんな方が、このMetaを使って利用方法を解説してくれていたりするので、ググってみて下さい(もちろん、ヤフーでも可)。

もしかしたら、すごーくいいものが見つかるかもしれません。そのときは、教えてくださいね(^^)! マヂで。



お役に立ったら、ポチッと押してくださいね(^^)!

『人気blogランキング』目指せ50位以内!(おかげ様で徐々にUPしている、と思います!)

スポンサーサイト
ここをポチッと押してくれると、励みになります(^^)!

⇒押していただけると『人気blogランキング』の順位が上昇します!

こんばんわ!

昨日はドル円のポジションを持ったのですが、浅めのロスカットに引っかかってました。

後付ですが、115.16円を底、118.47を天井としたフィボナッチで見ると、

116.40円がフィボナッチの境界を示しておりました。

フィボナッチ、奥が深いです・・・。

もっちょっと検証して、myルールに加えようと思います。

やはり、ドル円は118.45円あたりで売りを仕込んでおくことにしましょう。

そのとき、現在117.45円であり、後1円上がる見込みがあるのであれば、買いポジを持っておくべきではないか?と思われますが、

117.45円が1円上がるかどうかの確率と、118.45円から下落する確率とでは、後者のほうが確率が高いと思いますので、現時点では確率の低い前者は採用しません。

むしろ117.45円は再度116.40円に向かう可能性もあるわけで…。

みなさんも、そんな思考をされていますよね?ちがうかなぁー?

ちなみに、ポンド円も241.37円を天井、221.12
円を底としたフィボナッチでも、

昨日の底値の228.75円が境目なのですよねー。

・・・

やっぱ、検証の価値ありですね、フィナボッチ!(フィボナッチですね、はい)




お役に立ったら、ポチッと押してくださいね(^^)!

『人気blogランキング』目指せ50位以内!(おかげ様で徐々にUPしている、と思います!)
ここをポチッと押してくれると、励みになります(^^)!

⇒押していただけると『人気blogランキング』の順位が上昇します!


こんにちは!お久しぶりです(^^)。

日増しに暖かくなってきていますねー。

・・・・・・・・・

実は、最近、ポジションを持っておりません。

理由は、自分で作ったルールの検証のためです。

ただ、検証には資金管理を含めています。

いくら良い取り引き手法があったとしても、資金管理ができていないと

知らない間に資金が減って行く可能性が高いので(過去の経験上、事実だと思っています)。

その裏返しとして、昔は“ポジションを持ちたくて持ちたくてしょうがない”時がありました。

毎日新規のポジを持ちたい、というデイトレのようなものではなく、とにかくポジションを持っていたい、と。


でも、振り返ってみると、そういうときのポジションって、負けた後に、その負けを取り戻すため!だけで持ったポジションですから、ほとんど合理的な理由がないんですよねー。

ですから、読みと違う方向に行くとすぐにロスカットし、その瞬間にまた戻る・・・という、なんともむなしい行為を何回かしました(^^;)。

でも今は、持つべきときに、持つことが大切だなとしみじみ感じております・・・。

皆様はどうでしょうか?


・・・・・・・・・

ドル円が朝から下げているようですねー。

私は、116.80円が境目かな、と考えておりますが、どうでしょう?

テクニカル的なフィボナッチを根拠に。

そのあたりに指値で買いを入れておきます。

そして、日足で見る限り、116.80円で踏ん張って、折り返してくるようであれば、

118.50円が上値のポイントかなと考えます。私としては、118.45円あたりで売りを仕込んでおこうかな、と考えています。

往復で狙ってみますね(^^)!

もちろん、それぞれにはロスカットを予め入れておきます。

もしロスカットに引っかかるようなら、もっと下げるということになると思ってます。

・・・・・・・・・・・・


お役に立ったら、ポチッと押してくださいね(^^)!

『人気blogランキング』目指せ50位以内!(おかげ様で徐々にUPしている、と思います!)
ここをポチッと押してくれると、励みになります(^^)!

⇒押していただけると『人気blogランキング』の順位が上昇します!

こんばんわ!日曜日ですね(^^)。

さくらも咲くこの時期、日も長くなってきましたね。

・・・・

『新マーケットの魔術師』(本ブログ左に掲示)の中の、トム・バッソ氏の項(298頁)に『厳選された事例』というのがあり、大変興味深いので取り上げてみました。

『厳選された事例』とは、『今まで開発されたどんなシステムも、その手法にとって最も有効な過去のデータを使って売買の経過を説明しているので、すばらしいものに見える』ということだそうです。

ここでは、あるトレーディング・システムについて、検証結果が好成績であった期間は、そのシステムの10年間の検証期間中で最もパフォーマンスが良かった年のものであって、一方で、このシステムが他の検証期間、銘柄などでは惨めなパフォーマンスを示した、ということが書かれています。

この結果に対して、バッソ氏は、『それ以来、トレーディング・システムの記事や広告に使われている説明に関して、私は徹底して懐疑的になった』とのことです。

そして、『何年にもわたるトレーディング経験を経て、私は自分のモデルができるだけ柔軟性に富むものであるように心掛ける』ようになり、『よく書けた映画の脚本のように、場面を想定するよう』にし、『例えば、米国政府が倒れ、財務省発行の債券が不履行に陥り、ドルが一晩で50%も値下がりする、といった』ことまで想定するそうです。

このような極端な事態に対応するシステムを構築するのではなく、そういうことが起こったときに自分のポジションがどうなるかをイメージするそうです。これをすることで、どんな状況になろうとも、何をしなければならないかを理解している、とのことです。

すごいですね~(^^)。

~追加~
※私は、システムトレードを非難しているわけではなく、むしろ、システムトレードが、裁量で勝てない人の復活の可能性を多分に含んでいるとさえ思っています。だからこそ、私も導入しておりますし。

※ただ、どの商材がいいか、とかは後に書きますが、断言できないので、一般的にブログで述べるのは勘弁してくださいね(_ _)。

・・・・

この前の円高に関し、結構、色んなところと、色んな方(特に経験者でもあり、名の通った方など)が“今までにありえない動き(下落)”といっていましたが、この発言の方は、勝ったことはあるけれど、ずーっと勝ちつづけてはいない方なんだなぁ、と想像してしまいます。

マーケットの魔術師の中でも、すごい暴落時期を経験されている方が多いですけど、皆さん、“立ち向かって”いるんですよねぇ。

勉強になります(_ _)。

・・・・・・・・

これに絡んで気になるのは、最近、私のブログでも、商材広告のようなトラックバックやコメント(といえるのかは疑問ですが)があります。

私のスタンスとしましては、私自身が何かを推奨したりすることはしたくないので、申し訳ないですが、削除させてもらっています。

それぞれの商材にはメリットもあるでしょうが、デメリットもあるはずで、私にはその両者を説明する材料もないですし。

ただ、今回紹介した魔術師の考え方は商材を考えるに当たって何かの役に立つのかな、と思いましたので取り上げました。

私も商材を購入していますし、それを活用しています。が、これは私自身には役に立っても、他の人に合うかどうかわかりませんし(例えば、トレード時間や、資金量、スタンスなど)。

一ついえることは、やはり最後は自分でリスク管理を考え、決定していくことがトレードなのではないか、ということでしょうか。

それができないと、おそらく、どんな結果をだす商材を購入しても、3年も市場に居続けることはできないような気がします。

そうですねぇー、たとえるなら、超高性能のロケット砲があったとしても、それに使う弾の管理方法を考えないと、本当に大変なとき(宇宙人が攻めてきたときなど)にロケット砲が使えないかもしれません・・・、わかりにくい???

(そういう意味では、マーケットの魔術師は非常に勉強になりますよ。図書館で借りてきてもいいので(^^)、是非読んでみて下さい。

そこには、本当に勝ち続けている人の、飾りのない、本物の言葉が載っていますので。それが投資に求められるすべてではありませんが、初心者であっても、経験者であっても、トレードを全くしない人であっても、何らかの方向性を常に示してくれる可能性が高いですので。)。

・・・・・

え、今日の話の落ち??ないですよー(^^)。



お役に立ったら、ポチッと押してくださいね(^^)!

『人気blogランキング』目指せ50位以内!(おかげ様で徐々にUPしている、と思います!)
ここをポチッと押してくれると、励みになります(^^)!

⇒押していただけると『人気blogランキング』の順位が上昇します!

今日は2回目の更新です(^^)。

こっちの方が、役に立つと思いますので、是非目を通してくだちゃい!

・・・・・・・・


『人気blogランキング』の私の順位の近くにいらっしゃる(すみません、私よりも上の方です・・・ちょっと見栄を張りました(^^;))、

『FX初心者のための超かんたんkawase日記』様のブログで興味深いものを見つけました。53位くらいだと思います

すみません、ランキングで表示されているブログ名は、『尚子の『超かんたんkawase日記』』です。しかも、3月22日12時現在は50位以内に入ってます・・・。

了解をいただいてはおりませんが、取り上げさせていただきました(感謝!)。

『人気blogランキング』へは、ココをクリック!

・・・・・・

その中で非常に興味深いのは、左欄の“システム売買シグナル”というものです。
(記事ではなくて、すみません(_ _)。)

そこでは、3つのシステムが運用されており、先走りぎみのトレンドフォロー型(私が思うに、オシレータ的なもので、極端に言えば逆張り的なものかとおもいます)、ロング中心型、短期のトレンドフォロー型のようです(くわしくはご覧下さいませ)。

対象通貨は、ドル円、ユーロ円、ユーロドルです。

また、収益カーブも掲載されている点は良心的です。


ここで大切なことを申しますと、

・・・

収益カーブを、ポートフォリオという観点から見てください。

それぞれのシステムの特徴が良く表れています。また、通貨によっても収益を上げるシステムや時期などが異なることが良くわかります。

先日いただいたコメントで、自転車の乗り方と投資の関係を比喩的に表現しましたが、今回、自動車に変えてみますと、

まさに、時宜と用途(整備されたサーキットか、公道か、はたまた砂漠か、山道か・・・etc)に合わせた自動車を用意することと、

それぞれの乗り方を念頭において取り組むことによって、

総合的に収益をあげることができる、ということなのですね(^^)。


そして、為替取引というレースにおいて、

もしも、自分が、自動車を運転している“ドライバー”ではなく、

どの自動車でもいいから、そのレースで“勝つ!”という“オーナー”であれば、

リスクを分散して、色んなタイプの自動車とそれを乗りこなすドライバーを用意し、

“勝つ確率を上げる”ことを考えると思うのですが、いかがでしょうか???


・・・・

私はまだ上記の3つのシステムをちょっとしか見ていませんが、

ポートに組み込む、という観点からは非常に興味を持っています(^^)。


・・・・・・・

あーーーーーーっと!

その前提として最も大切なことは、

リスク管理であることはいうまでもありません。

(この言葉で分かっていただけるかたには、分かっていただけると信じていますYO!これがきちんとできないかぎり、黄金の玉璽を手に入れても、その地位は一炊の夢となることは確実です・・・(今までの私も同じ・・・))


お役に立ったら、ポチッと押してくださいね(^^)!

『人気blogランキング』目指せ50位以内!(おかげ様で徐々にUPしている、と思います!)
ここをポチッと押してくれると、励みになります(^^)!

⇒押していただけると『人気blogランキング』の順位が上昇します!

こんばんわ!

ドル円は117円半ばですね。118円に乗せれば、今度はそこが新たな“底”になるように思います(^^)。

フィボナッチでも118円手前が一つの節目と見ています。

しかし、思い出してみると・・・。

去年の10、11月ごろって、118円より上って、すごく高い壁がある感じでしたけれど、今は節目節目をクリアしていけば、上に行くのも想像しやすいですよね(私だけ?)。

つまり、118円、119円はもはや超えられない壁ではないということでしょうか。

いうなれば、120円でのドル円のロングを持っている人は、個人投資家だけではないかもしれませんしね。

かといって、どうなるかは誰にもわかりません。

・・・・・・・・・

ポンド円、押し目を作りながら上値を伸ばしていますね。

5分、30分、1時間、日足を見ていっても、トレンドは上昇にあります。週足ではまだですねー(^^)。

⇒ただし、『そっかー、なら買いだね』というと痛い目にあうのでご用心!

ポンド円の押し目の作り方は、1日で2円下げは良くあることですからね!落ちるときは一気に落ちるのが円がらみ通貨の特徴でしょうから、何が起こるかわかりません。

フィボナッチで見ると、231円が節目となっていると思いますので、これを超えると、231円が底となるでしょうか。

今日231円を越えられなければ、いったん調整の売りが入り、225.50円を下回らなければ、途中で底値を作り、上昇するというのが私のシナリオです。

どうでしょう??

でも、そろそろ調整が入ってもいいような気がしないでもないですねー。

⇒これを書いている途中で、英3月MPC議事録の発表があり、8対1で据え置きが決定されたようです。

これを受けて、ポンド円は一気に今日の始値近くに下がりました。

どうなでしょう?これでトレンドは変わりますかね?

経済指標からいえば、利上げがありそうですけどね。

利上げあり、との意見が市場に多ければまた上がるでしょうけれど・・・。

また明日の終値で判断してみまますね!

・・・・・・


お役に立ったら、ポチッと押してくださいね(^^)!

『人気blogランキング』目指せ50位以内!(おかげ様で徐々にUPしている、と思います!)
ここをポチッと押してくれると、励みになります(^^)!

⇒押していただけると『人気blogランキング』の順位が上昇します!

こんばんわ!

イギリスの2月消費者物価指数(前年比)は+2.8%(市場予想:+2.7%)で、予想より強い結果となり、また、2月の小売物価指数(前年比)は+4.6%(市場予想:+4.3%)で、予想より強い結果となりました(^^)。

この結果を受けて、ポンドがらみの通貨は軒並み上昇(ポンドが買われ)しましたね。

トレンドに変化があるのでしょうか?

私としては、前にも申しましたように、明日の始値がどれくらいかで判断しようかと考えています。

230円台(少なくとも、229.60円以上)をキープすれば、更なる上昇があるのでは、と考えています。

今週に入ってから、コサック隊のポンドへのちょっかいも耳に入ってこないですし。乱は鎮圧されたのでしょうか???

それがなければ・・・何らかの変化あり、ということでしょうか?

・・・・・・・

最近、自分のトレード方針を見直しています。

今後のトレードスタンスがどうあるべきか、などです。

やはり、投資にかかわれる時間が変化する場合には、当然に投資スタンスは変わると思いますし。

投資の世界って、勝っていても、たくさんの資金を持っていたとしても、

いとも簡単に、あっという間になくなってしまいますので(^^)。

皆さんにも、立ち止まって自分のスタイルを見直す時間をとることをお勧めします。何かが見つかるかもしれませんし!



お役に立ったら、ポチッと押してくださいね(^^)!

『人気blogランキング』目指せ50位以内!(目標、ひくっ!って突込まれました(^^;)・・・おかげ様で徐々にUPしている、と思います!)

ここをポチッと押してくれると、励みになります(^^)!

⇒押していただけると『人気blogランキング』の順位が上昇します!

こんばんわ!

ドル円が上昇していますね(^^)。

で、トレンドは変わったでしょうか?

ただ、トレンドが変わったとしても、上げては下げを繰り返しながら上昇することが“多い”ので、いったんはまた下げると、思います(多分・・・)。

そこで、

117.85円で売りを仕込んでおきます。いつヒットするかわかりませんから、GTCで。

フィボナッチで戻り38.2%の壁があり、先週の日足高値もそこで落とされているので。

ただ、これも当たるかどうかはわかりませんので、ロスカットはちゃんと入れておきますね。

鵜呑みになさらずに、お願いします。もしも当たれば、今後のご参考に。

・・・・・

最近、ユーロポンドに興味を持っています。

あまり動かない通貨なんですけどね。

ただ、スプレッドが小さい割りに、1pipsあたりの利益が大きいので。(1万通貨単位で1pips、220円くらいです。)

もちろん、実際に取引する場合には安易にポジションを持つと“負ける”可能性が高くなるのでご注意くださいませ。

トレンドなどを読んだりし、自分で自信が持てることが最低限必要だと思います(^^)。


お役に立ったら、ポチッと押してくださいね(^^)!

『人気blogランキング』目指せ50位以内!(目標、ひくっ!って突込まれました(^^;)・・・おかげ様で徐々にUPしています!)
ここをポチッと押してくれると、励みになります(^^)!

⇒押していただけると『人気blogランキング』の順位が上昇します!(多分・・・)

こんばんわ!

1日ぶりです(^^;)。昨日はパソコンに触れませんでした・・・。

ところで、他の方のブログを拝見していたところ、そこ経由で面白いサイトを訪問しましたので紹介いたしますね(^^)!
(すみません、どちら様のブログかは忘れてしまいました・・・(_ _)。)

『トレーダー度適性テスト』

ここで聞かれている質問で、理想的な回答ができればおそらく常勝トレーダーだと思います。

自分に厳しく、ロスカットもちゃんとでき、くよくよせず・・・。

マーケットの魔術師で登場する人に共通する要素が取り上げられていると思います。

是非一度お試しください!


ただ、このサイトにある“友人に推薦”をすると、「このフォームを利用して、「トレーダー度テスト」を友人に推薦して頂ければ、友人の方がテストされた結果が、その人には内緒であなたにも送られてきます。」とのことなので、お気をつけあそばせ(^^)!

・・・・・・・・・

ちなみに、私は、

◆総合得点:77

◆総合評価
 ○【5段階中、「4」段階(セミプロ・レベル)です。あなたの総得点は108点中、77点でした。】
 ○あなたと同じレベルの著名人は 『長谷川慶太郎』
 ○平均レベル以上の知識や能力はありますので、十分トレードから利益を得られますが、投資で生活するまでには至りません。更に上のレベルの知識と個人的能力の開発が求められます。


とのことでした(^^;)…。仰せの通りです。

投資で生活するまでにはいたっておりません(_ _)。

ただ、投資で生活したいとまで思ってもいないのですが・・・。

今している仕事も非常に重要だと認識していますし、自分のためにもなると思ってます(すみません、何かは言えません・・・(_ _)。)

引越し前のブログでもお話したのですが、FXはあくまで手段と思っています。

そして、自分が本当にやりたいことをするためにはお金が必要なので、そのための資金を得るための手段だと考えています。

投資の世界にいる限り、“勝つ”ことは第一条件であると思いますし、それを第一に考えない投資家は残念な結果となる可能性が高い、とも思います。

ただ、私の経験上、“勝った先”のことを考えることにより、各人の、実際の個別のトレードにおける利益目標や損失分など、どれくらいが適切なのか、がわかるような気がします。

別の面から大きく言えば、“1億円を持つことの責任”とでもいいましょうか。

自分で考え、自分の力で勝ち取ったものでないと、やはりすぐに市場に返すような気がします・・・。

⇒偶然で得た利益は、資金管理ができていないため、継続して勝つことができず、ロスがロスを呼び、結局得たもの以上の資金を市場に返すことになるような気がするのです。

私のブログではすばらしいテクニックはお伝えできませんし、私もまだまだなので中途半端だと認識しています(すべてできているなら、常勝となれるんですけどね(^^;)。できていないから、まだまだです。)が、読んでいただいている方とお互いに成長できればと思います(^^)!。

・・・・・・・・



お役に立ったら、ポチッと押してくださいね(^^)!

『人気blogランキング』目指せ50位以内!(目標、ひくっ!って突込まれました(^^;)・・・おかげ様で徐々にUPしています!)
ここをポチッと押してくれると、励みになります(^^)!

⇒押していただけると『人気blogランキング』の順位が上昇します!(多分・・・)

どうも!

このところのポンド円の激しい動きですが、数日前からFX情報などでロシア系銀行の暗躍(?)が言われていたところ、今日、ある方から“コサック隊”という言葉を聴いたので、“まさにその通り!”と思い、今日のタイトルを“コサックの乱”としました。

ちなみに、コサックとは、以下のようです。

 ↓

コサック(コザーク、カザーク、コザックなどとも書かれる)は、ウクライナ、ロシアなどに生活していたコミュニティーまたは軍事的共同体の名称。(ウィキペディアより)

ぐ、軍事的共同体って・・・。まさに的を得たり!ですね。

ちなみに、FXWAVEより抜粋させていただきますと、

『最近のロシア系銀行のポンド円での暴れっぷりについて、市場関係者の一部からは「阪和興業を思い出させる」との声が聞かれている。
 阪和興業とは80年代後半から90年代前半にかけて東京為替市場で暴れ回っていた独立系鉄鋼商社。・・・当時を知るマーケット関係者によると、その規模は1回のディーリングで10数億円を叩く豪快なもの・・・。ただ、同社は結果的に「高値ロングと下値ショート」の両股開きのポジションを抱え、当時90億円あまりのロスを出すに至り、取り付け騒ぎとなった。

・・・・

 特にこのロシア系銀行はコングロマリット的な組織で、油田を所有しているほか、スーパーなども所有しているという。また政府や中央銀行の影がちらついている可能性も噂されている。今後も、彼らの動向には注意を払っておく方が良いかもしれない。』

いやー、注意してますよ、ほんとに。

ただ、どちらにしても、これがもしも“異常”であると大多数の人が思うなら、いつまでも続くものではなく、何らかの変化が訪れることは、論証はしませんが、おそらく自明であると思います。

また、ポンド円の上昇を抑えられていることが、ドル円の上昇を抑えている要因の一つのような気がしてますし(もちろん、オプションもあるでしょうけれど)。

一番大きなことは、市場参加者の心理面に与える影響でしょうか。

東京時間にポンド円を大量に売っての下落、そしてアメリカ時間の影響で上下する。でも、私に読まれるって事は、世界中の人にも読まれるって事ですよね、行動パターンを。

それに対してどう動くかなのでしょう?

スワップ狙いは気をつけないと振り落とされかねないですね。

やはり、こういう時は、目標値を小さめに抑えつつ、確実に利益を抑えて凌ぐことが大切かもしれませんね。

私は一応、上昇、下落のどちらにも対応できるようにエントリーしています。

具体的には、ある値を超えると買いと売りの逆指値を入れるブレイクアウトと、短期、もとい、今日は上昇(短期というより、むしろ今日は、ということですので誤解なきよう。明日はまた分りません)と考えているので、上に上がっては利益確定し、下に落ちては指値で注文を入れています。



お役に立ったら、ポチッと押してくださいね(^^)!

『人気blogランキング』目指せ50位以内!(目標、ひくっ!って突込まれました(^^;)・・・ある意味、感謝!)


ここをポチッと押してくれると、励みになります(^^)!

⇒押していただけると『人気blogランキング』の順位が上昇します!(多分・・・)

こんばんわ(^^)!

昨日の記事で、☆INSOLENCE☆さんから、売りスタンスについてコメントいただきました。

やはり、売りスタンスに対する“怖さ”って、多くの人が持っているのでしょうか?

でも、みなさん、この前の円高を経験されて、本当は気付いているんだと思うんですよねぇ~。

“スワップがあることの怖さ”を。

引越し前のブログに書いたことがあるのですが、以下抜粋しますね。

『よくスワップ狙いは、レバレッジを小さくして・・・といわれますが、これは、つまるところ、多少の変動があっても“動揺しない”ということなのでしょう。

そんなことは分ってる?スワップ狙いで投資資本を回収できるのは、ドル円で1万単位の買いでは、1日160円として、1カ月4800円で、約2ヶ月強です。ポンド円だと同じ1万単位で、1日315円として、1カ月9450円で、約1ヶ月強で投下資本回収です。
※レバレッジにより異なります。ご指摘感謝です(^^)!


では、月足のチャートを見てみましょう。

ドル円の12月の安値は約114.4円、高値は119.2円で、幅は4.8円

今月の安値は約118円、高値は約121.7円、幅は3.7円
ポンド円の今月の安値は約228円、高値は約241.5円、既に幅は13.5円

さて、ドル円で1カ月約4円の変動、その一ヶ月間、いったり来たりをしながらです。

また、ポンド円は年初の下げ(約5円)と、昨日からの下げ(既に約4.5円)を間に挟んでです。

なかなか精神的にきついですね(^^;)。

そこで、本当にスワップ狙いをするのであれば、レバレッジを含めた資金管理が非常に大切になってくるのでしょうね。』

意外と、スワップって儲からないでしょ?あ、比較の対象を明らかにしないといけませんよね。

もちろん、定期預金ではないですよ~。そうです、為替差益です(^^)。

売りでももちろんですが、買いでも利益確定をする、ってことは資金効率の点から非常に大切だと思うのです。

今の為替の水準が適切か、円高なのか、円安なのかは、はっきり言って誰にも分らないと思います(それを判断するようなレビューなどはありますが)。

この観点で見れば、スワップを持ち続けることの意味がわかるような気がします。

含み損を回復するためにスワップを持ち続けることは当初の意図ではないと思いますし。

・・・・・・

以上のように、スワップに対する“信仰”を和らげた後に、

売りスタンスを考えてみると、簡単にいえば、①トレンド、②天井ないし底値、を判断できれば売りで入ることに対する“自信”も出てくるのではないかなと思います、が、いかかでしょう?




お役に立ったら、ポチッと押してくださいね(^^)!

『人気blogランキング』目指せ50位以内!(目標、ひくっ!って突込まれました(^^;)・・・)
ここをポチッと押してくれると、励みになります(^^)!

⇒押していただけると『人気blogランキング』の順位が上昇します!(多分・・・)

こんばんわ!

昨日のポジションは利益確定で終了でした。

そして、現在は、あえて“ポジションを持たない”でいます。その理由は・・・。

・・・・・・・

昨日、久しぶりに“新マーケットの魔術師”をめくってみました。

新しい発見がありますね!

非常に示唆に富んでます(^^)。

確かに、書かれた時の状況と投資対象が異なったりしますが、

やはり勝つ人には共通しているものがあるのでしょうね。

なかでも、自分のルールを明確化することの重要性について語っているところは自分も間違っていなかったと感じましたね(^^)。

さらに、

“トレーディングに関しては、自分の誤りを素直に認める人が勝利への道を歩むことになる”

“何が起こるか分るまで、いつも様子見的である”

“大きくトレードしているときは、すぐに利益を出さなくてはならない”

といったことはもう一度肝に銘じました(ただ、前後の文脈により間違った意味に捉えてしまう危険もあるので、原文に参照されたし、です)。

・・・・・・・・・

みなさん、釣をしたことはありますか?

何を唐突に・・・といいますか、今日のテーマに関係します。

釣をするときって、釣る魚を考えた“仕掛け”をし、“釣れる時間”を狙い、“釣れるえさ”を用意しますよね。

そして、大物を釣るときには、それ相応の大きな針と強い糸を用意します。また、えさもいいものです(^^)。

・・・・・・・・

なんか、マーケットに似ているなと。

で、現在は、大物を狙おうと思っています。そのために、

①勝つタイミングまで待つこと

②待つことによっても、利益を十分に得ることができること

を自分に言い聞かせて、マーケットに糸をたらしていることを学んでいます。
(そういう意味では、グルンパさんのされている“検証”と似ているかもしれません。が、グルンパさんの方がメンタル・レベルが高いと思いますので、是非ご参照ください。なかなかデモトレで検証はできないと思うんですよ。それをされているのがすごい!)

②については、ここ最近のポンド円は1日で2円幅で動いてますし、①についても、日足レベルで見ると、頭が抑えられる下落トレンドにあると判断しています。

従って、売りで入ることにより、利益を出す、ということを考えているところです。戻り高値とトレンドフォローでの売りです。

⇒さっき、パソコンを見たら、約定してました。
 ポンド円225.70円でストップ売りを入れていたんですけれど、上手く釣れました!
 ここは、225.80円あたりがフィボナッチの節目だと読んでおり、これを下抜けると一気に落ちると読んでました。
 目標は、221円台です(大きすぎ?)
 一応、損が出ないようにストップを入れておきます(これに引っかかる可能性が高いですが、上に登ればまた売りで入ろうと思います。ただ、機会は冷静にうかがいますけれどね!)。

 もしかしたら、ポンド円は売りスタンスが功を奏す時期なのかもしれませんね(ただ、これは私の予想なので外れることが多くありますので、ご注意くださいね)。


お役に立ったら、ポチッと押してくださいね(^^)!

『人気blogランキング』目指せ50位以内!(目標、ひくっ!って突込みが聞こえてきそうな・・・)

ここをポチッと押してくれると、励みになります(^^)!

⇒押していただけると『人気blogランキング』の順位が上昇します!(多分・・・)

こんばんわ!

最近、急に寒さがぶり返してきた感じですね~。風邪など引いてませんでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・

今日は英2月生産者物価指数の発表がつい先ほど(18:30)あり、結果は

前年比+2.2%で、市場予想の+2.1%よりも強いものとなりましたね。

ポンド上昇のきっかけとなる可能性もあり、でしょうか(^^)。

ポジションとしては、ポンド円とポンドドルをそれぞれ買いで持ってますよ~

⇒若干利益でストップで終了でした。21時25分現在、ポンド円の売りで入ってます。

・・・・・・・・・

最近は、ファンダをもとに取り引きすることが多いです。

といっても、トレンドに乗る、という使い方ですけれど。

私がファンダをきっかけにポジションを持つときにやっていることをお話したいと思いますね(^^)!

称して、“ウルトラ・スーパー・エクセレント・tks法”!(今付けました(^^)。)

まぁ、いわゆるシステムではないので万人が万人とも同じ結果を出すとは限りませんが(これがファンダ分析なのでしょうね)、“こいつがおーれのやりかたー”というギンギラギンなものなので、まねをされる際はお気をつけください(_ _)。

(みんなやってるよ、っていう突っ込みは、聞こえないところでお願いします。知らぬが仏、といいますし…。これでも、自分の経験をもとに考えた末のものなので・・・。逆に、誰かが他で公表しているのであれば、世の中、考えることはみんな一緒かぁ、ということが理解できる点で、得るものありですね。)


・・・・・・・・・・

(1)事前の市場予想のうち、①いわゆる市場コンセンサスとなっている予想値と、②各社(いろいろな証券会社や銀行など)が個別に出している予想値を用います。

(2)次に、②のうち、一番高い予想値(MAX)と、一番低い予想値(MIN)を頭に入れます。すなわち、“想定の範囲内”の枠をここで決めます。

(3)そして、①が、MAXとMINのどちらに近いか、を見ます。

(4)①がMAXに近ければ買い、MINに近ければ売り、で、指標発表時間直前に逆指値を入れておきます。

(5)で、指標発表を迎えます・・・。

(6)想定の範囲内であれば、よほどの重要指標でない限り、急激に上げ、下げすることはないように思います(経験ですから、絶対ではありません!)。

(7)ただ、想定の範囲“外”であれば、一気に爆発する可能性は大きいです。指標発表に乗り遅れても、トレンドに乗る価値はあるかもしれません。

以上です。多分・・・。

また、漏れがあれば修正しますね!

“役に立った!”とおっしゃる方は、以下の人気ブログランキングを今日からずーーーーっと、ポチポチポチと押してくださいね(私が市場から退場するまで(^^)!)

そして、これからも遊びに来てくださいね~!

(ちなみに、いろいろな事情で更新ができないときもあるかもしれませんが、ご容赦くださいませ。休みの日には、面白いネタを用意するようにしますし。また、コメントのお返事ができてない場合があるかもしれませんが、ご容赦ください(悪気は全くありません。)。しつこくコメントいただけると気付くと思います(^^)。)

『人気blogランキング』目指せ50位以内!(目標ひくっ)
ここをポチッと押してくれると、励みになります(^^)!

⇒押していただけると『人気blogランキング』の順位が上昇します!(多分・・・)

こんばんわ(^^)!

あまりパソコンに触れない環境にあるため、更新がおろそかになっております。

更新を心待ちにしていただいている・・・なんて、うぬぼれですね(^^;)。

今日は取り引きもなく、といいつつ、明日からサマータイムですね~。朝は、弱いです。ほんとに。低血圧ではありませんが・・・。1日8時間は寝たいですね(そんなに寝ていられませんけど、実際は)。

・・・・・・・・・・・・

コメントいただき、ありがとうございます。

いろいろ触発されることもあり、“こんなことも書きたい”という思いに駆られます。

これからもみなさんのお役に立てるようなことを書きたいと思いますので、よろしくお願いします(^^)!



『人気blogランキング』
他の人にも読んでほしい、と思っていただければ、ここをポチッと押してください。励みになります(^^)!

⇒押していただけると『人気blogランキング』の順位が上昇します!(多分・・・)

こんばんわ!お久しぶりです。

ちょーっと、PCを触れない環境にあったので(どんな環境だい?)更新できませんでした。

で、ポジションも持ってませんでした。

そして、先ほど、コメントに書きましたように、雇用統計で参戦しました。

ユーロドルの売り、上手くヒットしたのですが、その後、ストップを利益が若干出る位置においていたら、引っかかってしまい、利小で終わってしまいました。

で、ポンド円の買いで入っています。これはまさに直感のみです。

理由は、上がると思うから、という最も危険と思われるものです。ロスカットは、ユルユルにしておきます。

え、理由をもっと?そうですねぇ、雇用統計の結果が予想を上回ったことからアメリカの景況は依然良好であり、世界同時株安が落ち着き、日本の金利引き上げが当分の間実施されず、円キャリートレードが再開される、

という、なんとも自分に都合の良い解釈からです。

まさに、ファンダで買う、とはこのことでしょうね(^^)!

まぁ、所詮、50:50ですから!

・・・・・・・・・

また後日、書こうと思うことがありますので、お楽しみに~!


私のブログって、今何位でしょうか?
   
     ↓

『人気blogランキング』
他の人にも読んでほしい、と思っていただければ、ここをポチッと押してください。励みになります(^^)!

⇒押していただけると『人気blogランキング』の順位が上昇します!(多分・・・)

こんばんわ!

このブログを通じて、いろんな方とお話ができるというのはすばらしいことだと感じます(^^)!

特に、現在リンクをさせていただいているグルンパさんのブログ『FX☆だいえっと』を通じて色んな方とつながりを持たせていただきました(_ _)。

私はFXはあくまでも手段だと思ってます(前のブログからずっと書いているんですが)。

確かに勝つことを目的にしていますし、勝たなければならない、というのも事実だと思います。

ただ、その過程で出会う人たちも財産であることには変わりないですよね。

つらい経験をしたからこそ、人の痛みがわかるというのも事実でしょうし。

これからも宜しくお願いしますね(^^)!

FX仲間を増やしたい方はこちら⇒『人気blogランキング』


・・・・・・・・・

さて、私のポジションはといいますと、朝のポンド円が一度ロスカットに引っかかってしまいましたが、今ポンド円の買いで持っています(懲りずに(^^;)。)。

一応、ドル円の底が堅いことと、ポンド円も224円が硬いかと、勝手に思ってます。

とりあえず、明日の朝まで様子見です。

底堅いと考えている場合には、ロスカットの幅も広めに考えることも必要でしょうか?


では!

他の人にも読んでほしい、と思っていただければ、ここをポチッと押してください。励みになります(^^)!

⇒押していただけると『人気blogランキング』の順位が上昇します!(多分・・・)

他の人にも読んでほしい、と思っていただければ、ここをポチッと押してください。励みになります(^^)!

⇒押していただけると『人気blogランキング』の順位が上昇します!(多分・・・)

こんにちわ。

今日は朝、一度下げた後、上がってますね~。

今日一日どうなるか、つまり、明日の朝の終値でどうかがポイントでしょうか。

私はといいますと、朝仕込んだポジションがロスカットにかかりましたので、今日は終了のつもりです。

明らかにチャンス!という以外は参戦しません。

(参戦するとすれば、22:30の経済指標でしょうか。まぁ、それもエントリーするかどうかはその時にならないとわかりませんが。)

明日は明日のルールに従って取り引きしなければなりませんし、今日は負けてますので、この精神状況でポジションを持っても“ほぼ”いいことないと思っています。

・・・・・・・・・・

今回、ポンド円で苦労された方も多いと思いますが、ポンド円の変動幅は昔から大きいんですよね~。

ですので、今回のようなことは今後もあり得る、ということでしょうか。

やはり、昨年と今年当初のポンドの上げの経験は深く心に残っていたのかもしれませんね。

でも、下げだけでなく、ポンド円における一気の上げも、今後も当然ありますので、

“羹に懲りて膾を吹く”ことにならないよう、お互い冷静に行きましょうね!

チャンスは必ず来ますし、その時のために資金と自己管理を十分に・・・。

・・・・・・・・・

他の人にも読んでほしい、と思っていただければ、ここをポチッと押してください。励みになります(^^)!

⇒押していただけると『人気blogランキング』の順位が上昇します!(多分・・・)

他の人にも読んでほしい、と思っていただければ、ここをポチッと押してください。いい意味での、欲が出てきました(^^)!

⇒押していただけると『人気blogランキング』へ行きます!

・・・・・・・・

おはようございます!

今日も円が買われていますね~。

私はMyルールに従い、売ってます。“えらそうに言うな!”と聞こえそうですが、ここは重要になりますのでご了承ください。

で、ニュースを見てると、プロのディーラーたちも“阿鼻叫喚”だと…。

で、後ほど、想定“内”とするために、をまとめたいと思います。
(ちょっと今から席を外してしまいますので。当然、ストップは入れておりますYO!)


では後ほど…。


・・・・・・・・・・・・・(以下、今日の続きです・・・)

他の人にも読んでほしい、と思っていただければ、ここをポチッと押してください。励みになります(^^)!

⇒押していただけると『人気blogランキング』へ行きます!

さて、予告の通り、続きを書きます。

その前に朝からかなり、“落ちましたね~”???

で、今日だけでポンド円は5円の下落です。

では質問です。これは『想定内』でしたか?????

・・・・・・・・

実は、私も、結果を見れば、想定“外”です(^^)。

でも、いい方の想定外です。

では、悪い方の想定外は何故発生するのでしょうか???

(thinking time・・・・)

ここで、“想定の範囲内”とはどういうことでしょうか????

ある超有名な投資家の方がおっしゃっていた言葉として有名ですが、
(あのときの彼の言葉は、やせ我慢のように聞こえたのは私だけ?まぁ、それはいいとして。)

それ以上に大切なことは、“想定内であれば、自分の意思で対応ができる”ということだと思います。

・・・・・・・・

例題

①今日の夕方、大雨が降りました。

 ただ、朝の天気予報では、今日の降水確率が90%でした。

 では、あなたは朝、傘を持って出かけますか???

 普通、持って出かけますよね。もしくは、置き傘があるから大丈夫、というように、

“あらかじめリスク管理をして行動を起こしているはず” です。


②今日の夕方、大地震がおきました。

 これは、朝のテレビでも予想はされていません。

 では、あなたはどうしますか????

 東京都や、兵庫県など、かつて大きな地震を経験した地域、および、静岡県など地震がいつ起こるかわからない地域では、地震への対応に非常に力を入れています。各県のHPを見てみてください。

 非難袋を用意している家庭も多いようです。

 つまり、かつて痛い思いをした人や、今後起こる可能性が高いと思っている人は、リスク管理の大切さを強く感じています。
 (私がよく、負けた人は勝つための条件を備えている、というのはこのことなのです)

 
 では、上記の①と②を為替に置き換えてください。どうでしょう???何か思いつきました???


・・・・・・・・・・・

 では、為替におけるリスク管理とはなんでしょう?

① 何が起こるかわからない、為替はいつでも、上にも行くし、下にも行くし、動かないかもしれないし、予想は全くできないことを理解する

② ①を前提にすれば、ポジションを持つ前に、最低でもロスカット値は定める必要がある

③ 目標値については、損小利大を図るために“リミット位置の変更があること”を前提にしつつも、ある程度の値を、チャートなどから見通しておく

④ 無理なポジションを持たない

などでしょうか。

そして、“想定内とする”ということは、①を肝に銘じておくことでしょう。

最近、ロスカットをしないという教材商品もあるようですが、私は見たこともありませんので、申し訳ないですが、なんともいえません・・・。

また、私は、自分のルールでは買い、売りは関係ありませんので、特段売りポジを持つことに何の抵抗もありませんが、かつて負けているころは“スワップがあるので何とかなるかなぁ”と思い、ほとんど買いしかしませんでした。

⇒このように思っている方が多いと思います。これは、先日のブログでロング狙いの方が多いことに絡んで少し述べました。

ただ、④との兼ね合いで、無理に苦手と思っている場面で、苦手と思っている“売り”を勧めることはしません。相場は下がれば上がりますから、上がるそのときを狙うといいでしょう。
(ただ、その下がれば上がる、という言葉は、言い訳として使っている場合には気をつけてくださいね)

おおよそ自信のないときのポジションは負けますし。私も同じです(^^)。人間って、そんなもんなのでしょう。

・・・・・

以上まとめますと、想定内とするということは、ポジションを持っても、あせらず、ストレスをためないようにすることなのでしょう。

前にも述べました、ずっと投資をするのであれば、ストレスをためていては“病気になってしまいます”よ。

仕事のストレスで胃潰瘍になるくらいなんですから。

・・・・・・

上記以外にもリスク管理として大切なことがあるかもしれません。

まず、上記の4つを自分のルールとできれば、何か新しいことにつながるかもしれませんね!

※最近、答えを書きすぎてますでしょうか?私の見解を批判的に読んでくださいね。そうしなければ、自分のものとはならないと思いますので(^^)。

他の人にも読んでほしい、と思っていただければ、ここをポチッと押してください。励みになります(^^)!


ちなみに、いろんな人に読んでもらいたいと思ってきましたので、相互リンクを“こちらから”お願いするかもしれませんが、そのときは宜しくです(^^)!
こんばんわ。今回、色々な方のブログを渡り歩いてみました。

いや~、笑い事ではないようですね。

ほとんどみんな同じような雰囲気でした。

投資で勝つのは全体の1割というのは無視できません。

また耳に痛いことに聞こえるかもしれませんが、冷静に読んでください。

そして、“それは違う!”でも結構ですので、自分で考えるクセを付けていただければ幸いです(もしくは、全く考えないシステムに走るか・・・。前にも申しましたが、私は裁量売買もしますが、一部システムを入れています。自分が作ったものと購入したものと)。

・・・・・・

で、傾向を見てみると、

①初心者の方にかかわらず、1年ないし2年の経験者の方も同じような問題を抱えていること

②それ以上の投資経験の方があまりいないということは、やはり市場で生き残ることは厳しいということ

③リスク管理の重要性についてはあまり触れられていないこと

④勝つためのトレード手法を第一に考えているようにみえること
 ※これは勝つトレード手法はリスク管理ができて初めて機能するという意味ですので、誤解なきよう・・・。

・・・・・・・・

まだまだあるかもしれませんが、①は初心者と経験者の差はほとんどないこと、②は今後気を引き締める必要性を強く感じさせますね(^^)。

で、①の差がほとんどないということの根本にあるのは、③と④の関係です。そして、③と④ができなければ、②に至る、ということでしょうか。

これは非常に心が痛いです・・・。

ロスカットについてもみなさん触れられていますが、ロスカットとリスク管理がリンクしていない感じがします。

怖いからロスカットするのではないはずで、次のトレードに備えるためにロスカットがあるはずなんですよね。

なかには、“ずーっともっている”というお考えの方も多いと思います。

いつかは戻ってくるかもしれませんが(戻ってこないことも当然考慮に入れるのがリスク管理なのですが)、それは昨日のブログやコメントでも書きました、“スワップ狙い”でポジを持った場合に通用する理由でしょう。


“そのポジションは、どういう目的でもったのか?”

を今一度、ポジを持つ前は当然、持った後も振り返ってみてください。

そうすれば、その後にどうすべきかは自ずと明らかになろうかと思います。

リスク管理という視点から、トレードを見直してみてくだちゃい!

ロスカットについては昨日のブログのコメントに書いてみましたが、抜粋します。

『ロスカットの取り方ですが、二つ考えて見ましょう!
①自分が取引している時間足を見て、例えばある一定の期間の値動きを把握し、そこからある一定の値幅を割り出し、それをルールとして決めること、
②エントリーした時に、10~15pipsエントリーと逆に行けばすぐにロスカットする、
という感じはどうでしょう?
もしかしたらもっといい考えがあるかもしれませんね(^^)。
いい考えがあれば教えてくださいね~!



・・・・・・・・

ちなみに、金融機関では、顧客と会社の資金を運用しますが、そのときには、

①個々のトレーダーは、経験や能力によって、運用できる額が決められています。

②ある一定の額に達すればロスカットは絶対です(内規に書かれています)。そのルールに従わない場合は当然に懲戒の対象になります。
(銀行の倒産や合併に至った理由は、実は資金運用の失敗が原因なのですよ)

③もし仮にロスカットにかかっても、特段の理由があり、持ち続けるとトレーダーが判断する場合には、理事会や取締役会にかけるなど、経営陣の責任でポジションを持ち続けることもあります。

これらを自分のことに置き換えてみてください。

(thinking time・・・)

ルールというものは、こういうものなのですよ。厳しい?でも他の人のお金ですから、当然ですかねぇ?でも、そうであれば自分のお金も同じような気がしたり・・・しません(^^)?


以上、ことば足らずであったり、きついことを言っているかもしれません。

しかし、現金を使っている以上、リスクを無視すれば、すぐではなくても、必ず負けると思います。

そのことを考えるきっかけになれば、私もブログを書く意味があったと思います。

・・・・・・・

今回の件を経て、いろんな方のブログを見て、お伝えする必要を強く感じました。
(今まで自分がブログを書くことはなかったので、他の方がどのようなことになっているのかを知りませんでした)

私がお伝えできることは、自分の能力と、ブログという限界、などもありますので限界があることはご了承ください。

その辺は、他の方のブログで補ってくださいね。


他の人にも読んでほしい、と思っていただければ、ランキングの上昇をお願いします。いい意味での、欲が出てきました(^^)!


『人気blogランキング』はこちら
こんにちは。

『大切なこと』を下のほうに追加しましたので、見てください。
むしろ、こっちの方が非常に意味あると思います。


現在の為替市場の図式を自分なりに整理すると、

中国株下落 ⇒ アメリカ株下落 ⇒ ドル安 ⇒ 円高

という形になろうかと思います(と言われています、かな?絶対正解はないですしー。)。


・・・・・・・

あ、大切なことは、以下の図式は『円に限定してみると』ということを忘れてはいけないと思います。

・・・・・・・

前提として、アメリカの景気が中国に影響を受ける、という図式となるのですが、これは、

中国国内では北京オリンピックを控えた特需などによる旺盛な国内需要と消費の伸び、および、安い元を基にアメリカへの輸出を続けているところ、

アメリカは、国内消費の堅調さが、中国等からの輸入に対するドル高メリットを受けていることなどといった諸条件が組み合わさり、

中国景気の後退が、アメリカ経済に影響を与える、というロジックを、『市場参加者が頭に描いている』ということなのでしょう。
(そうです、あくまでも実態を反映しているとは限らないのが市場です。)

この大多数の『市場参加者が頭に描いている』間は、中国株の下落がアメリカ株の下落に連動し、あわせてドル安につながる、ということでしょうか。

あ、円キャリートレードの解消などとも言われていますが、それは中国株の下落により生じた“結果”の一部で、それがさらに株価の下落を呼ぶという図式になるのでしょうねー。ニワトリが先か卵が先かといった問題でしょうか。

まぁ、どちらにしても、今後どうなるかは誰にもわからないということが正直なのでしょうね(^^)。え、当たり前??


・・・・・・・・・・・

ただ、例えば、ユーロドルやポンドドルのチャートを見ていただいたらわかると思うのですが、ドル円やポンド円ほどの下落は見せてないんですよねー。

むしろレンジを作っている・・・。

ということは、ドルが実際に弱くなっているということは一概には言えないということかもしれません(あくまで想像!)。

・・・・・・・・・・・

さて、今後どうなるかは予想の範囲ですが、こればっかりはわかりませんねー。

いつかは下げ止まるし、その後レンジを作るなどして、いつかは上がるのは確実です!!(当たり前?)

しかーし、その当たり前が理解できるなら、今のわからないときにあえて市場に参加するメリットは少ないような気がしないでもないと考える、私でした(^^)。

私は、ポジションをちーさくして参加してます。

・・・・・・・・・

<大切なことの追加>
 耳に痛いことをお話しするかもしれませんが、今だからこそ、伝わることもあると思い、書きますね(^^)。

・・・・・・・

 ほんとはお伝えしたいことがいーーーっぱいあるのですが、

 やはりブログという性質上、難しさを感じますねー。

 つまり、大切なことを書いても、更新されると忘却されてしまう・・・。

・・・・・・・

 そして、今のこの時期、結構多くの人が“つらい”目にあっていると思うのですよ。

 その理由は、“円売り”でポジションを持つことを念頭においているから、すなわち、スワップ狙いの弊害からなのでしょうね。

 みなさんがFXを知ったきっかけは何でしょうか???

 おそらく、入門書などで“FXはスワップが付く!”と大々的にいわれていることもあるのではないでしょうか???

 そして、スワップが付くということを冷静に考えると、円売りになるんですよね、今の金利情勢から。
 それは、プロも同じであり、これが円キャリートレードにつながっているんでしょう。

 ※ただ、これも3年後はわからないんですよ。でも、投資で勝つということは、3年後もこの市場にプレーヤーとしている、ということでしょうから、そのときまでに、スワップで勝つ以上の自分の手法を身に付けておかなければならないということにもなるんぢゃないでしょうか。

 ただ、プロは“儲かればいい”としか考えていないので、資金の引き上げも一気ですよね。最近の動きを見てるととくに顕著です。

 で、ポジションにシナリオを書いていない場合には、一気の下げで想定外のロスカットをしなければならなくなるし、ロスカットをすると一気に上げ、上がると思ったら、下げ、これを繰り返すことで、昨日のブログでも書きました、利子をつけて市場に利益を返還する・・・。

 この世界で生き残る(負けて退場しない)ためには、自立するしかやはりないんでしょうね。

 そのためには手段はいろいろあります。それも今までのブログで書いたつもりなのですが・・・。まだ不十分なところもあるかもしれませんけれど。

 みなさんにご提案です。

 “投資の世界で自立するために必要なことは何ですか”

 ご自身で考えられるものを、ノートに思いつくまま書き出してみてください。

 ※書き方は、思いついたことを単に並べるのではなく、思いついたことから更に派生するかたちで、してみてください。それはいいものでも悪いものでも全て。

 例えば、正月⇒帰省⇒家族
       ⇒もち⇒雑煮⇒お袋の味・・・
         ⇒食べすぎ⇒太る・・・

  てな感じです。

 それを時間を空けて何度かやってみてください。あらたな気付きがあるかもしれません。

 思いついたことなどを、私のブログのコメント欄を利用していただいてもいいですよ。ご遠慮なく!
 (ただ、後ろ向きのコメントは無しです。他の人に良い影響を与えませんし、ご本人にも良い影響を全く与えません。これは“真理”です)

 “求めよ、さらば与えられん”

 です。

 今回の結果が、みなさんの更なる成長につながることを願ってやみません(^^)!

※※※※※

最後に、どうして良いかわからなくなっている方がいらっしゃいましたら、まず投資をストップしてください。

 そして、冷静にもう一度考えてみてください。

 FXでやろうとしていた“夢”や“目標”を。

 そして、探してください。解決の方法を。私も探して、復活のきっかけを見つけました。

 そして、自分で見つけ出したものは、誰も奪うことができませんし、それは本物のはずです。

 そのきっかけを見つけられれば、トレーダーという以前に、自分自身が変わっていることに気付けると思いますので(^^)。

それでも、どうしようもないというときは、メールで聞いてください。
 


お役に立てれば&もっと頑張れ!であれば・・・


『人気blogランキング』はこちら
こんにちは(^^)。

どうも落ち着きがないですねぇ(私だけ?)。

中国株の連動で相場が動いているようですね。

・・・・・・

現在はレンジ、すなわち“方向感がない”相場なのでしょうか?

みなさん、どう思われます?

このようなレンジ相場は特にお互い気をつけましょうね。
(ちなみに、レンジかどうかの判断は、ご自身が取り引きされている時間足によってことなりますので、ご注意くださいね)

とくに、昨年、トレンドに乗ることで利益を得た経験しかない、もとい、この

成功体験をつよーーーーーく心に感じている方

は、どんどんその利益を利子をつけて市場に返すことになりかねません。

(私が坂道を転げ落ちたのも、レンジであった(そのときはわかっていないんですけどね(^^;)。)にもかかわらず、どんどんポジションを増やして、かつ、買いで持っていましたから。“トレンドは落ちるはずはない”と勝手に決め込んでました、自分の都合のいいように・・・。)

・・・・・・

踏まえると、今思うように利益が出ない場合は、“いつもと違う”と認識をし、客観的に自分のトレード手法を見つめ、勝てなくなった理由が相場がトレンドからレンジに変わったからではないか??といった疑問を持つことも大切かもしれませんね。

・・・・・・

ちなみにMyルールもロスカットに引っかかりやすくなっています。

まぁ、そのときの対応としては、取り引き数量を徐々に減らすようにしています。

これは、マーケットの魔術師のなかでも(誰か忘れましたが)実践している人がいました。

自分のルールは、トレンドとレンジは余り関係がないと思っていますが、トレンドとレンジの場面では、目標値とロスカット位置と取り引き数量を使い分ける必要があると考えています。

それぞれの値の正解はありませんが、今一歩踏み込んで考える必要を感じています。

ただ、データを計算したとしても、“これ”というものはないように感じますが。やはり“決め”の問題なのかもしれませんね(^^)。

・・・・・・

そして、現在がレンジである、ということを前提とすれば、チャートをもとにした裁量売買の、天井、底を決めたエントリーが有効かもしれませんね。

チャートとにらめっこすると、1時間足で見ると、下は231.30円くらいで跳ね返っているように見えます。
あ、これはポンド円ですよー。お間違いなく!!!


(もし、天井や底という考え方を整理したいのであれば、左にのせてあるTFブレイクアウト!は役に立つかもしれません。)


ただ、これも絶対とは限りませんね。突発的なことがおこれば、すぐに超えて行ってしまうものですし。

そのためのリスク管理としては、ロスカットをおいておくしかないんでしょうね(^^)。



お役に立てれば&もっと頑張れ!であれば・・・


『人気blogランキング』はこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。