夢をかなえる!FX~あなたと私が勝つために必要なこと~

“投資はあくまでも夢をかなえる手段” 勝つために必要なことを考えていきます!!!
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここをポチッと押してくれると、励みになります(^^)!

⇒押していただけると『人気blogランキング』の順位が上昇します!

こんばんわ!日曜日ですね(^^)。

さくらも咲くこの時期、日も長くなってきましたね。

・・・・

『新マーケットの魔術師』(本ブログ左に掲示)の中の、トム・バッソ氏の項(298頁)に『厳選された事例』というのがあり、大変興味深いので取り上げてみました。

『厳選された事例』とは、『今まで開発されたどんなシステムも、その手法にとって最も有効な過去のデータを使って売買の経過を説明しているので、すばらしいものに見える』ということだそうです。

ここでは、あるトレーディング・システムについて、検証結果が好成績であった期間は、そのシステムの10年間の検証期間中で最もパフォーマンスが良かった年のものであって、一方で、このシステムが他の検証期間、銘柄などでは惨めなパフォーマンスを示した、ということが書かれています。

この結果に対して、バッソ氏は、『それ以来、トレーディング・システムの記事や広告に使われている説明に関して、私は徹底して懐疑的になった』とのことです。

そして、『何年にもわたるトレーディング経験を経て、私は自分のモデルができるだけ柔軟性に富むものであるように心掛ける』ようになり、『よく書けた映画の脚本のように、場面を想定するよう』にし、『例えば、米国政府が倒れ、財務省発行の債券が不履行に陥り、ドルが一晩で50%も値下がりする、といった』ことまで想定するそうです。

このような極端な事態に対応するシステムを構築するのではなく、そういうことが起こったときに自分のポジションがどうなるかをイメージするそうです。これをすることで、どんな状況になろうとも、何をしなければならないかを理解している、とのことです。

すごいですね~(^^)。

~追加~
※私は、システムトレードを非難しているわけではなく、むしろ、システムトレードが、裁量で勝てない人の復活の可能性を多分に含んでいるとさえ思っています。だからこそ、私も導入しておりますし。

※ただ、どの商材がいいか、とかは後に書きますが、断言できないので、一般的にブログで述べるのは勘弁してくださいね(_ _)。

・・・・

この前の円高に関し、結構、色んなところと、色んな方(特に経験者でもあり、名の通った方など)が“今までにありえない動き(下落)”といっていましたが、この発言の方は、勝ったことはあるけれど、ずーっと勝ちつづけてはいない方なんだなぁ、と想像してしまいます。

マーケットの魔術師の中でも、すごい暴落時期を経験されている方が多いですけど、皆さん、“立ち向かって”いるんですよねぇ。

勉強になります(_ _)。

・・・・・・・・

これに絡んで気になるのは、最近、私のブログでも、商材広告のようなトラックバックやコメント(といえるのかは疑問ですが)があります。

私のスタンスとしましては、私自身が何かを推奨したりすることはしたくないので、申し訳ないですが、削除させてもらっています。

それぞれの商材にはメリットもあるでしょうが、デメリットもあるはずで、私にはその両者を説明する材料もないですし。

ただ、今回紹介した魔術師の考え方は商材を考えるに当たって何かの役に立つのかな、と思いましたので取り上げました。

私も商材を購入していますし、それを活用しています。が、これは私自身には役に立っても、他の人に合うかどうかわかりませんし(例えば、トレード時間や、資金量、スタンスなど)。

一ついえることは、やはり最後は自分でリスク管理を考え、決定していくことがトレードなのではないか、ということでしょうか。

それができないと、おそらく、どんな結果をだす商材を購入しても、3年も市場に居続けることはできないような気がします。

そうですねぇー、たとえるなら、超高性能のロケット砲があったとしても、それに使う弾の管理方法を考えないと、本当に大変なとき(宇宙人が攻めてきたときなど)にロケット砲が使えないかもしれません・・・、わかりにくい???

(そういう意味では、マーケットの魔術師は非常に勉強になりますよ。図書館で借りてきてもいいので(^^)、是非読んでみて下さい。

そこには、本当に勝ち続けている人の、飾りのない、本物の言葉が載っていますので。それが投資に求められるすべてではありませんが、初心者であっても、経験者であっても、トレードを全くしない人であっても、何らかの方向性を常に示してくれる可能性が高いですので。)。

・・・・・

え、今日の話の落ち??ないですよー(^^)。



お役に立ったら、ポチッと押してくださいね(^^)!

『人気blogランキング』目指せ50位以内!(おかげ様で徐々にUPしている、と思います!)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私のブログで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/sinseihin2007/archives/53419584.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^
2007/03/25(日) 18:54:33 | URL | トレードマスター #-[ 編集]
ホントにそうですよね。(大きくうなずく:ウンウン)
経験者か初心者かは、全く関係ありませんね。

フィールドが同じマーケットであるからですよ。
それに、陳腐化することを念頭においていないシステムは、未進化のままでいるリスクを包含していますから、相場においてのサステイナビリティが確保できませんね。

芸能人によくある一発屋さんでは、投資や資金管理の場合、お話にならないってことでしょう。

また、知的興奮も大切ですよ。そして事実認識や変化に富んだ事象変化に対するパッション♪

とても楽しいですね☆
さらに、お互い頑張っていきましょう♪

2007/03/26(月) 00:05:15 | URL | 猫田猫尾 #-[ 編集]
おはようございます。ねむっ・・
マーケットの魔術師の名言集みたいなのもいいですよ~!
「リスクの管理方法は統計的に、ほとんど起こりえない状況に対応していかなければならない。なぜなら、それは起こりえるから。」
モンロー・トラウト
みたいな感じで書かれてます^^
ロケットの弾がなかったら・・
攻められてもやられっぱなしですもんね。
2007/03/26(月) 07:07:48 | URL | kao #-[ 編集]
猫田さん
知的刺激は大切ですよね。小さなことの裏に隠された大きなことが見つかるかもしれませんし!
変化があるからこそ、生きる意味があるのでしょうね(^^)。

kaoさん
名言集もあるのですか?
お詳しいですねー。ありえないことに対応することがリスク管理ですね。ただ、日常のリスク管理と非日常のリスク管理にはおのずと差があるでしょうね(^^)。非日常のリスク管理を常時求めていると、リスク管理疲れで倒れるかもしれませんし(^^)!(まぁ、そんなことはないでしょうけれど。ちゃんとロスカット入れておく、ってことでしょうからね。)
2007/03/26(月) 09:47:23 | URL | tks #-[ 編集]
まさにその通りですね!

結局、どんなに良い手法でも、自分自身で検証したり、練習したり(裁量の場合)自分で納得しないと長期にわたって儲けることはできないものですよね~~。
2007/03/28(水) 22:59:29 | URL | あみん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wecanwin.blog90.fc2.com/tb.php/56-14ddcdfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。