夢をかなえる!FX~あなたと私が勝つために必要なこと~

“投資はあくまでも夢をかなえる手段” 勝つために必要なことを考えていきます!!!
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここをポチッと押してくれると、励みになります(^^)!

⇒押していただけると『人気blogランキング』の順位が上昇します!

お久しぶりです!


ほぼ一週間ぶりです(^^)。

先ほど、アメリカ5月の雇用統計、失業率などが発表されましたね。

そして、ドル円が122円台に入りました。

・・・・・

ドル円については、

年初に達成した高値を終値で超えられたら“ブレイクアウト”で、

さらに上を目指す可能性がある、と判断します。

しかし、私はドル円は売るときを狙います。それがいつかは分かりませんので、気長に待ちましょう。

・・・・・

そして、ポンド円です。

ポンド円は前回の買いポジをまだ保持してます。

そして、239円台で追加の買いポジを持ちました。

理由は、前回に述べたことに関係しますが、

現在が上昇トレンドであることから、上昇に当たっては、

押し目を作りながら上値を切り上げていくと考えていること、

押し目の捉え方としては、トレンドラインとフィボナッチを参考にしています。

ただ、ご注意いただきたいのが、241.34円の買いポジションを、240円を割ったところでもロスカットをしていない、ということです。

まず、ロスカットの意義と重要性は当然にわすれてはいけませんね(^^)。

しかし、保有期間やどのように利益を上げるのかを考えるときに、

ロスカットの幅自体に誰もが当てはまる“絶対の正解”はないと思います。

つまり、各人個別の、それぞれの通貨の性格とポジション量と資金量を総合考慮してロスカットレベルを“探す”必要があると思います。

例えば、レバレッジを高くしていた場合、1円逆に動くとまず“精神的”に耐えられなくなり、“狼狽のロスカット”を招く可能性が高いのではないでしょうか・・・。


先週つけたポンド円の高値241.88円は、5月の日足で見たポンド円のフィボナッチで重要なラインと認識しています。

私が設定していたフィボナッチで現れた、境界線(161.8)でもありました。

これを抜けていけば、次はこのレベルが押し目のポイントになるのだと、考えているところです。

さて、どうなるでしょうか、たのしみですね~(^^)。


お役に立ったら、ポチッと押してくださいね(^^)!

『人気blogランキング』

ここをポチッと押してくれると、励みになります(^^)!

⇒押していただけると『人気blogランキング』の順位が上昇します!

ひじょ~に、お久しぶりです!

新年度に入り、投資に携われる時間が変わり、(前にもお伝えしたかもしれませんが)トレードにあたれる時間足も変わりました。

従いまして、2日~1週間程度の中期間で利益が出るように、ポジションを持つようになっています。

まとめますと、大きく変わったのが、

①ポジションを持つ機会が以前よりも少なくなった

②中期ポジションを持つことから、スワップを重視する

③ロスカット幅が広くなったこと

でしょうか。

①は、中長期のトレンドを確認し、それに従った押し目を狙ってポジションを持ちます。

基本はトレンドフォローです。

デイトレで、スキャルピング狙いだとトレンドはそんなに考えなくてもいいかもしれませんね(今の私は参加できませんが)。

②は、中長期にわたってポジションを持ちますから、スワップを狙う、すなわち、円だと売り狙いが必然的に多くなります(現状の円低金利で、長期で見て円安トレンドが続く限り、まだまだ有効かもしれませんね)。したがいまして、①で述べましたように、ポジを持つ回数も減るでしょうね。

③は、取引通貨の変動幅を、1日ないしは1週間でみますので、ロスカット幅も変動幅に合わせます。

したがって、レバレッジは低くします。

以上の考え方で、実際に取り組んでいるポンド円で見ますと、
(ドル円ですが、参加するタイミングを逃してます。ポンド円が自分にとっては“分かりやすい”ので、これでポジを持つことが多いですね。スワップもいいし)

①:今年1月につけた高値、241.50円を上抜けたこと

②:イギリスの、5月金融政策委員会(MPC)議事録において、ハト派委員がいる中での全会一致での利上げとなったこと

③:各種指標において、予想を下回ることがあっても、下落が継続しないこと

④:先日のG8で為替が重要な問題とされなかったこと

から、ポンド円は買いスタンスで入っています。

買うタイミングは、あくまでも私のやり方ですが、

日足チャートで、フィボナッチ、移動平均線を活用して自分で考える“ここが底値”というところを把握し、

その底値のところを下抜けた時に5分足でトレンドを追い、5分足チャートでローソク足とトレンドラインで底値からの折り返しを分析し、

折り返しが本物だと判断すれば買います。

まぁ、外れるかもしれませんが・・・(^^;)。

現在、241.34円での買いを5月23日に持ちました。そして、今日の午前中に240.15円で買いを持ちました。

リアルタイムに取り組めないので、IFD/OCOで仕込んでおきました。

後でチャートを見ると、もっと下でも良かったかもしれませんね(^^)。
(まぁ、しょうがないです(^^)。って、これはいいほうかもしれませんね。)

では、このようなスタンスで頑張ります(^^)!

ここをポチッと押してくれると、励みになります(^^)!

⇒押していただけると『人気blogランキング』の順位が上昇します!

お久しぶりです!

暑いですね~。

・・・・・

先日、ドル円の上昇を予想していましたが、120.50円が超えられませんでしたね。

さらに上昇するには何か大きなきっかけが必要かもしれません。

むしろ、119.45円を下回れば更なる下落があるように思います。とりあえずの目途は119円割れで押し目買いが入るように思いますので、119円で。

・・・・・

明日はBOE政策金利発表がありますね。

それにより、ポンド円がどう反応するか、ですね。

利上げに伴い、上がるなら流れに乗ります。現状維持の失望売りも、流れが大きければ売りで乗ろうと思います。

・・・・・

あと、ユーロ円も売るタイミングを狙っています。

こう書いていると、“売り”狙いになってますね(^^)。

短期では売り狙いですが、長期ではまだまだ円が売られると思いますので、底値(と思うところ)では買おうと思います。

さて、週末にかけてどう動くでしょうか?楽しみですね!

ここをポチッと押してくれると、励みになります(^^)!

⇒押していただけると『人気blogランキング』の順位が上昇します!

お久しぶりです!

ゴールデンウィーク、リフレッシュできましたでしょうか?

明日から“やるぞ!”って感じですかね(^^)!

・・・・・

ドル円、120円台に定着しましたね(^^)。

現在は120円を中心としたレンジを形成するかもしれませんね。

日足、週足では120円台に乗ったことで上昇に一歩踏み込んだという感じでしょうか。ただ、2月の高値122円は大きな壁になるかと思います。

ちなみに、売りポジションはロスカットで終了でした(^^;)。

・・・・・

今後のドル円の方針としては、

①現時点(120円台前半)では“売り、買いはしない”

②ドル円が“調整下落”したときに“買い”⇒目途は118円台に入ったら注視していき、買い場を探す

③今後上昇して121円台後半に入ったら、“売り狙いで注視”

という感じでしょうか。


まぁ、単純ですね(^^)。



お役に立ったら、ポチッと押してくださいね(^^)!

『人気blogランキング』目指せ50位以内!

ここをポチッと押してくれると、励みになります(^^)!

⇒押していただけると『人気blogランキング』の順位が上昇します!

こんばんわ!

ご無沙汰です(^^)!


なかなか更新できませんが、皆様、お変わりありませんでしょうか?

4月ももうすぐ終わりです。新しい環境に変わられた方も、そろそろ慣れてきて、ほっとしているところでしょうか?
(私は、風邪を引いてしまいました。そんなにデリケートな身体ではないはずなのですが(^^;))

さて、先日と変わらず、“売り”狙いで行きます。

ドル円は119.50円で一発目の売り、119.80円で2発目の売り、ロスカットは120.10円で。

一発目の売りは、目標値は119.00あたりを目途とします。

そして、再度の上昇をした後に、118円を目指す、というシナリオです。

また、120円ワンタッチはありえますが、120円台を維持するには終値で120円台を保たないといけない気がします。

まぁ、あくまでも私の予想ですから、外れる可能性も大有りでしょう(^^)。

・・・・・

ポンド円についても基本的にはドル円と同じスタンスです。

ドル円のチャートと併せて、ポンド円のチャートを見ながら、下落トレンドに乗ろうと思います。

で、この場合には、前にも述べました逆指値を活用します。ポンド円は変動幅が大きいため、指値で外れた場合のリスク、すなわち、抱える損が大きくなってしまいますので。

・・・・・

では、頑張りましょうね(^^)!




お役に立ったら、ポチッと押してくださいね(^^)!

『人気blogランキング』目指せ50位以内


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。